Praga in compagnia dei tifosi

località: praha
regione: praga
stato: repubblica ceca (cz)

Data inizio viaggio: giovedì 15 giugno 2006
Data fine viaggio: martedì 20 giugno 2006

Praga


Un breve soggiorno a Praga durante i campionati del mondo 2006



Praga è una splendida città: una piccola Paris. La consiglio a tutti, ho dormito per 5 notti su un appartamento in centro città alla modica cifra di 10 euro per notte. Vi consiglio di non prenotare l'alloggio e di chiedere informazioni al vostro arrivo o verificare le proposte delle persone che vi propongono al vostro arrivo in treno o aereo le offerte di appartamenti molto convenienti.
farete sicuramente un ottimo affare.

In generale la città è nella media europea, i ristoranti sono abbastanza cari e propongono specialità basate su carne di maiale (stinco molto diffuso).

A brevissimo la versione italiana completa.



Condividi questo articolo se ti è piaciuto...

Versione in Giapponese

martedì 20 giugno 2006

プラハには当初行く予定はなかった。
ただミュンヘンから一番近い隣国それと生活費が安い東欧ということで
チェコ・プラハを選びました。
ミュンヘンから鉄道での移動になりましたが列車を一つを間違えたため
かなりの乗り換えの旅になりました。
プラハの駅に着くとお決まりの「宿はおきまりですか?」と声をかけられた。
わたしは渡りに船!と思いましたがアンドレアは慎重な対応でチェコ人ジョージと交
渉していました。
部屋に行き料金一人20ユーロから15ユーロになり私は満足でしたがアンドレアは「5
泊するから」とさらなる割引を要求しました。
ジョージも限界をにおわせたため、日本人のわたしは高い宿泊料になれていることも
あり「15ユーロ安いやん!」で決まりました。
しかし、チェコは決して生活費の安いところではありませんでした。わたしは日本人
として東欧をなめていました。車の接待数では
日本より少ないのですが高級車の割合が日本より多いと感じ、日本人は決して豊かで
ないと認識しました。
プラハではワールドカップの日本戦を観戦し、相手のクロアチアサポーターと互いに
応援しました。